ゲオルギー・チャイツェ

若手アーティストによるコンサート

2015/01/30 - 20時30分

© Fondation Louis Vuitton / Puzzle Eventainment

フォンダシオン ルイ・ヴィトンでは、才能ある若手アーティストを応援し、称えています。12月にレミ・ジュニエを迎えた、若手アーティストのピアノ・リサイタルプログラムでは、2015年1月30日、ゲオルギー・チャイツェを迎えます。ゲオルギー・チャイツェは、サンクトペテルブルク出身で、2009年、カルガリー(カナダ)のホーネンス国際ピアノコンクール優勝者です。

 

25歳になった彼は現在、北アメリカ、特に、ニューヨークのカーネギー・ホール、トロントのグレン・グールド財団など名立たる舞台に、招聘されています。ヨーロッパでは、ロンドンのウィグモア・ホール、彼の住むベルリンのコンツェルトハウスなどで、歓迎を受けています。彼は、他のアーティストからも、すぐにその才能を認められました。特に、ボロディン弦楽四重奏団と共演し、五重奏を演奏しています。

 

フォンダシオン ルイ・ヴィトンにおいては、ブラームス、ショパン、スクリャービンの楽曲の他、ムソルグスキー作曲『展覧会の絵』を演奏します。

日付

2015/01/30(金) - 20時30分

会場

オーディトリアム

プログラム詳細

ヨハネス・ブラームス - 3つの間奏曲 作品117

間奏曲 第1曲 変ホ長調

間奏曲 第2曲 変ロ短調

間奏曲 第3曲 嬰ハ短調

 

フレデリック・ショパン - 4つのマズルカ作品17

マズルカ作品17 第1曲 変ロ長調 ヴィーヴォ・エ・リゾルート

マズルカ作品17 第2曲 ホ短調 レント・マ・ノン・トロッポ

マズルカ作品17 第3曲 変イ長調 レガート・アッサイ

マズルカ作品17 第4曲 イ短調 レント・マ・ノン・トロッポ

 

アレクサンドル・スクリャービン - ソナタ 第7番 作品64 「白ミサ」

アレクサンドル・スクリャービン - 焔に向かって 作品72

 

ムソルグスキー:展覧会の絵 

1- 小人(グノーム) (変ホ短調)

2- 古城 (嬰ト短調)

3- テュイルリーの庭 (ロ長調)

4- ビドロ(牛車) (嬰ト短調)

5- 卵の殻をつけた雛の踊り (ヘ長調)

6- サムエル・ゴールデンベルクとシュムイレ (変ロ短調)

7- リモージュの市場 (変ホ長調)

8- カタコンベ - ローマ時代の墓 (イ短調)

9- 鶏の足の上に建つ小屋 (調性明記無し)

10- キエフの大門 (変ホ長調)

 

 

演奏時間:1時間45分