CONTEMPLATIVE LINE

「無限柱」、バージョン、コンスタンティン・ブランクーシ

1983年

コンスタンティン・ブランクーシ

「無限柱」、バージョン1 [Endless Column, Version 1]、1918年

カシワ、

203.2 x 25.1 x 24.5 cm

ニューヨーク近代美術館。

マリー・シスレー寄贈、1983年

© The Museum of Modern Art, New-York © Adagp, Paris 2015 pour l'oeuvre de Constantin Brancusi, Photo Fondation Louis Vuitton / Martin Argyroglo

コンスタンティン・ブランクーシ - 「無限柱」、バージョン1、1983年

ブランクーシの出身地であるルーマニアの田舎の住居における伝統的なモチーフで、長斜方形のカシワを重ね合わせた柱は、その垂直性によって、大地と空との結びつきを保っており、世界の軸を示しています。後にブランクーシはこのモチーフをシリーズ化して、1937年の最終バージョンまで徐々に巨大化していきました。この作品は、整然と繰り返されるシンプルなデザインによって、現代彫刻およびミニマル・アートにおける極めて重要な基準となっています。

コンスタンティン・ブランクーシのバイオグラフィー:

1876年2月19日(ホビツァ) – 1957年3月16日(パリ)

コンスタンティン・ブランクーシに関する詳細はこちらをクリックしてください。

出所:ニューヨーク近代美術館(MoMA)