静観的シリーズ

N° 46 [赤の上の黒、黄土色、赤]、マーク・ロスコ

1957年

image

N° 46 [赤の上の黒、黄土色、赤]、1957年

油絵

252.73 x 207.01 x 4.45 cm。

The Museum of Contemporary Art, Los Angeles The Panza Collection © 1998 Kate Rothko Prizel & Christopher Rothko - ADAGP, Paris, 2015  - Photo The Museum of Contemporary Art, Los Angeles

quote

あなたは、まるで音楽のような色彩で完全に満たされます。

マーク・ロスコ quote

マーク・ロスコ、N° 46 [赤の上の黒、黄土色、赤]

N°46はロスコが「赤」を重視していた時代と結びついています。ロスコは、ニューヨークのMoMAで見たマティスの「赤いアトリエ」から、この「赤」のビジュアルインパクトを受けています。色が塗られたフィールドの濃淡は、陶酔を誘うような力動的(膨張/収縮)な印象を与えています。ロスコの意思に従い、カンバスは色彩の中に溶け込んでいます。《空気のような》タッチと濃淡を生む絵の具の重ね塗りによって、《内側から光》を放出させています。

マーク・ロスコのバイオグラフィー:


903年9月25日(ドビンスク) – 1970年2月25日(ノースショア)

マーク・ロスコに関する詳細はこちらをクリックしてください。

出所:ロサンゼルス現代美術館、ロサンゼルス