音楽/サウンドシリーズ

「エドウィン・R・キャンベルのためのパネル」、ワシリー・カンディンスキー

1914年

image

ワシリー・カンディンスキー

「エドウィン・R・キャンベルのためのパネル」

油絵

ニューヨーク近代美術館。

サイモン・グッゲンハイム財団、1954年

© The Museum of Modern Art, New-York © Adagp, Paris 2015 pour l'oeuvre de Wassily Kandinsky © Fondation Louis Vuitton / Marc Domage.

「エドウィン・R・キャンベルのためのパネル」、ワシリー・カンディンスキー

N° 1 & N° 3、1914年

油絵

ニューヨーク、ニューヨーク近代美術館(MoMA)

サイモン・グッゲンハイム財団、1954年

「エドウィン・R・キャンベルのためのパネル」

N° 2 & N° 4、1914年

油絵

ニューヨーク近代美術館(MoMA))

この4枚のパネルは、「シボレー」の創業者がニューヨークの自宅に飾る目的で、1914年にカンディンスキーに依頼して描かれました。4つの季節と重ね合わされることもあるこの作品は、どちらかと言えば調和したリズムが追求されており、カンディンスキーの抽象派時代の全盛期と一致しています。カンディンスキーは音楽をモデルにするつもりはなく、目に見える世界の独立性を絵画に与えようとしていました。《抽象》画の探求において、この作品の基調となっている白は《最も重要》であり、一見混沌とした裏側で《天球の音楽》を響かせています。

ワシリー・カンディンスキーのバイオグラフィー:

1866年12月4日(モスクワ) – 1944年12月3日(ヌイイ=シュル=セーヌ)

ワシリー・カンディンスキーに関する詳細はこちらをクリックしてください。

出所:ニューヨーク近代美術館(MoMA)