Dominique Gonzalez-Foerster : M.2062 (La partie de l'opéra)10月24日~31日 - Galerie2

image

パリとリオ デ ジャネイロに在住するドミニク・ゴンザレス=フェルステル(1965)は、環境芸術、パフォーマンス、写真、映画において現実とフィクションの関係を探求しています。映画、文学、音楽からのインスピレーションを交差させる作品群では、それぞれの作品において親密性と社会性が混ざり合い、過去と現在が重なり合う空間と時間性を通して徘徊の機会を与え、多様で捉えどころのない「自我」が出現します。 国際的な評価を得ているこのアーティストの作品は、ロンドンのテートモダン(2008年)、パリ市立近代美術館(2007年)、ディア芸術財団(2009年)、マドリッドのソフィア王妃芸術センター(2014年)などで紹介されています。

M.2062 (オペラの一部)において、ドミニク・ゴンザレス=フェルステルはファウンデーションを「規則が改ざんされた夢幻的なチェスの勝負」の劇場に変えます。 そこではエミリー・ブロンテ、ボブ・ディラン、モーフィーそしてヴィッキー・ペイジら19世紀(白)と20世紀(黒)に実在した人物と空想の人物が対決します。彼らの中から一人が、オペラの音楽、文学のテキスト、映画の参照に伴われながら、この美術館特有のスペースに現れます。

ドミニク・ゴンザレス=フェルステル(1965)はパリ(フランス)とリオ デ ジャネイロ(ブラジル)にて在住、活動しています。

 



 

11月3日以降(通常期間)の開館時間

月曜日、水曜日、木曜日 12時 – 19時

金曜日の夜間営業 12時 – 23時まで

土曜日、日曜日 11時 – 20時

火曜閉館

料金

ファウンデーション入場券でアクリマタシオン公園(Jardin d'Acclimatation)に入場できます。

日付

チェスボードは10月24日から31日までGalerie 2にて中断なしでご覧頂けます。

- 10月24日金曜日

15時 – エミリー・ブロンテ - オーディトリウム  - 上演時間 約35分

- 10月25日土曜日

19時30分 – ラ・カザーティ - Grand mur Bassin Ouest  - 上演時間 約15分

- 10月26日日曜日

20時 – アノニマス/作者不明 - depuis la clairière - 上演時間 約15分

- 10月27日月曜日

17時 – ヴェラ・ナボコフ - チェスボード Galerie 2 - 上演時間 約35分

- 10月28日火曜日

18時 – ボブ・ディラン -  階段+2階 - 上演時間 約25分

- 10月29日水曜日

16h –  ヴィッキー・ペイジ - チェスボード Galerie 2 - 上演時間 約25分

- 10月30日木曜日 

15h - 赤い靴 - オーディトリウム  - 上演時間 約35分

- 10月31日金曜日

20h  - ポール・モーフィー  - チェスボード Galerie 2 - 上演時間 - 約85分

クレジット

ドミニク・ゴンザレス=フェルステル 創作作品

ヘア&メイク  メラニー・ゲルボー

衣装:ラ カンパニー ドゥ コスチューム、クレモンス・ド・ソラージュ

着付け: ロランス・ミシュラン=ギンドレ

特殊効果: C17

アリ・ベンジャミン・マイヤーズによる音楽のアダプテーション、演奏(2人のミュージシャンン)

製作代表:ARTER & Blue Head Production

謝辞: ロドルフ・コーエン、マルシアル・ガルフィオーヌ、ブノワ・ラロ、オリヴィエ・アルデアノ